ルールを守って遊ぶ

デリヘル初心者の方も熟練者の方も、絶対に守らなくてはいけない事があります。それが、『お店の定めたルールを守る』という事です。これを破ってしまうとデリヘル嬢に嫌われてしまうだけでなく、お店側とも金銭を伴うトラブルに発生してしまいます。そうなった時に、ルールを破った側に非があるのは当然です。そうならない為にも、絶対に決められたルールの範囲内で遊びましょう。

最低限のルールとは

デリヘル店のホームページには、必ず利用規約の記載がされているはずです。料金システムのページに記載されている場合も多いでしょう。その中に、禁止事項というものが必ずあります。本番行為の禁止、同業者またはスカウト行為の禁止、暴力行為またはコンパニオンが嫌がる行為の禁止、個人情報の交換の禁止、盗聴や盗撮行為の禁止などが主です。

これらの行為が発覚した場合には、損害金などのお金が発生するケースもあります。もちろん、その行為がプレイの途中で発覚した場合は、その時点でプレイは中断となり、女の子からお店に通報がいきます。その場合には、いかなる言い訳も通用しないと思った方が良いでしょう。つまり、ルールの範囲内で正しく健全に遊ぶのが一番という事です。

オプションは別途料金

お店がオプションで定めているプレイに関しては、女の子の承諾があれば別途料金で利用する事も可能です。その場合は無断で行ったら当然ながら規約違反になります。きちんとデリヘル嬢に可能かどうかを確認してから実行に移しましょう。

デリヘル店は当然ながら、風営法の認可をとっているまっとうな商売です。だからこそ日本にはこれだけのデリヘル店が営業できているんです。当然ながら警察との結びつきだけでなく、いわゆる怖い人たちとの結びつきも強い世界です。ルール違反を犯したら、必然的にそういう人たちが出てくる事になります。ですがお店の定めたルール通りに料金を払って遊ぶ分には、そういった事はまったく起こりません。きちんと決められたルールの中で利用しましょう。